物件買取

  1. ホーム
  2. 物件買取
  3. よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問~査定編~

査定前に何か用意する必要はありますか?

査定には料金をより正確に算出するため、事前に以下の書類をご用意いただいております。

  1. 固定資産税納付通知書
  2. 権利書
  3. 図面

権利書と図面はもし当日までにご用意いただけなくても、査定は可能ですが、あると非常に査定がスムーズに行なうことができます。
また、遠方にいらっしゃる場合は書類を郵送かメール等でお送り頂いています。

家主が不在の場合でも査定していただくことは可能ですか?

自宅に住まわれていたご両親や祖父母が亡くなったなどの事情から、家主が不在になった場合や、ご主人も奥様も働きに出ているため日中は家人が不在がちである場合など様々なケースがありますが、当社では家主が不在の場合も、自宅内には入らずに、建物の外観を確認させていただくことで、査定を行なうことが可能です。
ただし、住宅の裏側(あまり一目に触れない場所)に設備などが配置されている場合が多いため、自宅の敷地内に立ち入らせていただき、査定を行なっています。

ご近所に悟られないように、査定を行なっていただくことはできますか?

事前にご相談いただければ、社名の入らない車でお伺いしますので、ご安心ください。

できるだけ高く売却するためのコツはありますか?

やはり、建物そのものがキレイな状態に保たれている場合とそうではない場合とを比べると、キレイな状態のほうが高値がつきやすくなります。また査定の際は できるだけお部屋を片付いた状態にしていただくとよいでしょう。特に水周り(台所、お風呂、トイレ)などは重点的に行なうとよいと思います。当社は買取が主ですので、買い取る際はしっかりと清掃を行なうのですが、やはり状態は良いに越したことはありません。
また、場合によりますが、雪解け前(2月下旬~3月頃)の時期は私達も買取やすい時期になりますので、実は狙い目なんですよ。逆に11月~12月の売却は、避けていただいたほうがいい場合もありますので、気になる場合はご相談ください。

よくあるご質問~売却編~

転勤で遠くにいるため、手続きなどが直接できない場合でも売却は可能ですか?

必要な書類は郵送やメール、FAXなどで送っていただければ手続きは全て当社にて行ないますので遠方にお住まいでもご安心下さい。委任状の取り交わしを行なうことで、お客様に代わり当社スタッフが役場や銀行、場合によっては債権者との直接交渉も行ないます。
また、ご契約の最終段階では当社スタッフが直接お客様のもとへお伺いし、書類へのご捺印をいただき、売買成立となります。全国どこにいらしても、お伺いいたします!

売却の際にかかる経費はおよそいくら位になりますか?

経費は固定資産税納付通知書に書かれている内容によって異なります。最低限かかるものとしては、印紙代くらいですが、それも当社と折半となりますので、大体多くても5,000~7,500円位と見ていただけたらと思います。
また例外としては、アパートを売却される場合は、その分の税金が発生いたします。詳しくは当社までお尋ね下さい。

よくあるご質問~いろいろな疑問・お悩み編~

住宅以外でも売却は可能ですか?

もちろん可能です。当社では木造アパート、分譲マンション、店舗、倉庫、事務所、土地なども幅広く買取を行なっております。対応地域は当社がある北海道旭川市とその近郊が主ですが、北は名寄、東は札幌、西は留萌、南は滝川・砂川、帯広方面と、北海道内ご希望があればどこでもお受けしております。

売却したいのですが、実はまだ住宅ローンが残っているんです・・・

残債務が残っていても、当社で買取りが成立したケースはたくさんあります。
競売の開始決定がなされた物件、また競売中の場合でも買い取る場合がございますので、やむなく競売物件となってしまっても、あきらめないでくださいね!
もちろん、売却に関して銀行や債権者との交渉も直接当社が行ないますので、手続きに時間が割かれることもありません。

両親が亡くなったため家を売却しなければなりませんが、その場合、相続はどうすればよいですか?

当社と取引のある司法書士がついていますので、安心してお任せ下さい。

売却した年の確定申告について教えてください。

まず、確定申告の際には住宅(または土地など)を買った時(または建てた時)の領収書が必ず必要です。また、それ以外にかかった諸経費の領収書も必要となりますので、ご確認ください。
書類への手続きはそれほど難しくはありませんし、お近くの税務署へ直接問合せいただければ、詳しい説明を受けることが可能です。